FrontPage > OTHER > 仮想PC

仮想化ソフト

あるOS上で別のOSを動かすためのソフトウェア(OSエミュレーター)。
ソフトが動くOSを「ホストOS」、エミュレーションしているOSを「ゲストOS」と言う。

当初は、古いサーバの環境のPCを入手出来ないので、
仮想環境で環境を構築の用途があったが、

現在では、サーバを一台に集約する事で、
ハード・メンテナンス費を抑えれるだけでなく、電気代の節約も出来る。
ハードは、グレードの高いサーバを用意する必要がある。
※ソフト的な費用は、削減出来ない。 (商用VM使用時は、その分増える)
 
電気代の節約は、
結果的に「CO2排出量を削減」、「グリーンIT」などに繋がり
「エコロジー」になるので導入している企業もある。

ホスト型仮想化

ハイパーバイザー型仮想化

コンテナ型仮想化

アプリケーションの仮想化

その他のソフト

  • VMware vCenter Converter - Windowsの物理マシンからバーチャル環境(VM用環境ファイル)の生成。(無償)

  • Wine - UNIX、Linux、IntelMac上で、MS-Windowsアプリを動かすためのソフト
  • CrossOver - Wineをベースに作成された商用アプリ。
  • Cygwin - MS-Windows上に、UNIX環境を構築(X-Windowも使用可)。
  • coLinux - MS-Windows上で、Linuxを動かすためのソフト。
  • andLinux - coLinux同様MS-Windows上で、Linuxを動かすためのソフト。

メモ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-24 (木) 14:01:06 (301d)