FrontPage > OTHER > 仮想PC > Oracle VM

Oracle VM

インテル系CPUのDOS/V機のエミュレーション

「他社の仮想化ソフトに比べ、3倍以上の効率を実現している」と発表されているソフトウェア。

「I/O」、「メモリ」のオーパヘッドの解消、最適化等で実現した模様。
「ゲストOSの変更(準仮想化)」「パラバーチャルドライバ(完全仮想化)」等使用。


商用ソフトウェア
ライセンス価格:無償
日本のサポート料(予価)は、下記の通り。(2008年03月14日現在)

  • 1システム(2CPU) 年間 \62,400円(税別)
  • CPU無制限 年間 \124,900円(税別)

海外のサポート料は、下記の通り。(2007年11月14日現在)

  • 1システム(2CPU)年間499ドル
  • CPU無制限 年間999ドル

ホストOS: MS-Windows、Linux(Oracle Enterprise Linux推奨)

インストール

「x86_64」の最新版は、正常に動作しない!? (テスト環境ではNG)

1.「Oracle VM Server 2.1.1(V12540-01)」をインストール。
→ 途中でエラーとなり断念。(選択してブートしても「kernel panic」)
1.「Oracle VM server 2.1(V11730-01)」をインストール
2.「Oracle VM Server 2.1.1(V12540-01)」にてアップデート
→ 実行するkernelが無いので起動も出来ず断念。
1.「Oracle VM server 2.1(V11730-01)」をインストールのみ実施。
→ 実行出来た。

「Oracle VM Server」、「Oracle VM Manager」同居作戦

  • 結論
    動作可能
    「Oracle VM Server」インストール時
    「/」の空き容量が3600M以上有る様に設定 (実践値:7000M)
    「swap」を生成後に1024M以上有る様に設定 (実践値:2048M)
    
    「Oracle VM Server」環境上に、「libaio.i386」をインストール。
    (「Oracle Enterprise Linux 4 Update7」の物を使用)
    
    「Oracle VM Manager」内の「runInstaller.sh」を実行。
    
    上記の様にする事で、「Oracle VM Manager」の動作可能。
    但し、下記に書く「同居の弊害」があるのも事実。
    
    ※CD-ROMのマウント等は必要
  • 同居の弊害
    • 重い。
    • 127.0.0.1でアクセスして居ないからだと思うが、
      「Console」用のJava版VNCのクラス読込に失敗する。(他のVNCで繋げばOK!?)
上記により高スペックのマルチプロセッサなマシーン、ストレージサーバ等有れば別だが、
それ以外なら別マシンにてOEL上で、「Oracle VM Manager」を動かすのが最適だと実感。
まぁ、「Oracle VM Manager」上のDB(oracle xe)のチューニングすれば多少は軽くなるかも知れないが。。。
  • 実践ログ
    <インストール・シェルを実行>
    # sh runInstaller.sh
    
    「libaio」が必要。
    → 「[[OEL]]」より「libaio.i386」をインストール。(※x86_64では無いので注意)
    
    <再度実行>
    「/」に「3600MB」必要。
    → OracleVMの再インストール(パーテイション変更)。。。
       「/」を元の3G+3.6G面倒なので「7000M」で作成。(VM Server+ VM Manager分)
    
    <再度実行>
    「oracle-xe-univ」インストール時「swap領域」が1MByte足りない。
    → OracleVMの再インストール(パーテイション変更)。。。
       「swap」を元の「1024M」から「2048M」へ変更。(VM Server+ VM Manager分)
    
    <再度実行>
    OC4J関係でうまくインストール出来ない。
    → 「OC4J」のパスワードを「oracle」にする必要が有った。
    > Installing the oc4j package (rpm) ... Done
    > The default password for oc4jadmin is oracle.
    > You can change the default password after the installation completes.
    > To access the OC4J Home Page and change the password go to http://127.0.0.1:8888/em
    > Starting OC4J ... Done
    
    インストール完了。
    > Installation of Oracle VM Manager completed successfully.
    > 
    > To access the Oracle VM Manager home page go to:
    >   http://127.0.0.1:8888/OVS
    > Default user is 'admin' with password 'oracle'.
    > 
    > To access the Oracle VM Manager help page go to:
    >   http://127.0.0.1:8888/help/help
  • rpm 警告対策
    「rpm」インストール時の「V3 DSA signature: NOKEY...」の警告対策
    # rpm --import [RPM-GPG-KEY各種]

「Oracle VM Manager」実行

「Oracle VM Manager」はブラウザで表示するタイプの管理ソフトです。

  • メモ
    他PCからのアクセスは、「iptables」にてポートが許可されて居ない。
    その為、「iptables」を停止させるか、「8888、8889」ポートを許可する必要あり。
    (ローカル時は、iptablesの設定は不要。「127.0.0.1:8888」でアクセスでOK!)
    
    [OVS] http://[IP]:8888/OVS
    [OEM] http://[IP]:8888/em
    [ヘルプ] http://[IP]:8888/help/help
    
    「OVS」へ管理者権限でログインする。
    「Server Pools」を作成後、仮想環境を作成する。
  • 管理者のログイン時のタブ
    [Virtual Machines] [Resources] [Servers] [Server Pools] [Administration]	
  • 一般ユーザのログイン時のタブ
    [Virtual Machines] [Resources]	

ゲストOS

  • Oracle Enterprise Linux 4
  • Oracle Enterprise Linux 4 64-bit
  • Oracle Enterprise Linux 5
  • Oracle Enterprise Linux 5 64-bit
  • Red Hat Enterprise Linux 3
  • Red Hat Enterprise Linux 3 64-bit
  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 4 64-bit
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 5 64-bit
  • Microsoft Windows Server 2000
  • Microsoft Windows Server 2003 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition
  • Other

メモ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-21 (土) 17:08:10 (3258d)