FrontPage > UNIX > Linux > CentOS

CentOS

http://www.centos.org/

[[RedHat Enterprise Linux>[RHEL]]の互換(クローンOS)

RedHatのロゴ部分、ライセンスに関わる部分はRHELと異なるが、
RHELのソースを元に作成されているため。

最新版

バージョンバージョン確認日サポート期限
CentOS 7CentOS 7.1810 (7.6)2018/102024/06/30
CentOS 6CentOS 6.92017/102020/11/30
CentOS 5CentOS 5.112014/092017/03/31
CentOS 7(1810) => 2018/10 (CentOS 7.6) | RHEL 7.6
CentOS 7(1804) => 2018/04 (CentOS 7.5) | RHEL 7.5
CentOS 7(1708) => 2017/08 (CentOS 7.4) | RHEL 7.4
CentOS 7(1611) => 2016/11 (CentOS 7.3) | RHEL 7.3
CentOS 7(1511) => 2015/11 (CentOS 7.2) | RHEL 7.2
CentOS 7(1503) => 2015/03 (CentOS 7.1) | RHEL 7.1
CentOS 7(1406) => 2014/06 (CentOS 7.0) | RHEL 7


CDからブート起動可能な「Live CD」が提供されている。
ちょっと試したい場合、システムが壊れて復旧させたい時などに使用できます。

redhat-releaseを元にインストールチェックしているアプリは、
下記でインストール可能となる。(Oracle等!?)

「/etc/redhat-release」
CentOS 4.0 (final)
      ↓
Red Hat Enterprise Linux AS release 4 (Nahant)

※現状の「RHEL 5.2」と「CentOS 5.2」では大部分変更されているので、
 「/etc/redhat-release」のみの変更だけで無く、パッケージ変更も必要だと思われる。

引用「http://japan.internet.com/linuxtutorial/20050513/5.html

[CentOS 7.3] # cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

[CentOS 7.2] # cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

[CentOS 6.9] # cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.9 (Final)

[CentOS 6.8] #cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.8 (Final)

ソフトウェアのアップデート

  • yum update; yum upgrade
  • yumサービス (/etc/init.d/yum)
  • up2date

メモ

  • NICのドライブ番号を再設定(ルールの再構築) [CentOS 6.x]
    # vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
    # reboot
  • 時刻補正(Centos6)
    # ntpdate [NTPサーバ]
    # hwclock -w
  • 時刻補正(Centos7)
    # timedatectl
    # chronyc sources
    ハードウェアクロックとシステムクロックが存在する。
    システムを停止させると、システムクロックはリセットされる。
    ntpdateでシステムクロック更新後、ハードウェアクロックへの適用も必要。
  • yumがうまく実行されない場合
    # yum clean all
    # yum upgrade
    キャッシュをクリアすると旨く行く場合がある。

メモ(外部)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-23 (水) 10:13:41