FrontPage > X-Window

X-Window

UNIX関係(LinuxBSD含む)のOSでメインで使用されているウインド・システム
正式名称:X Window System

UNIXLinuxBSDMacOS Xなどで動作する事が出来る。

開発関係は、「C and C++言語内のX11」に記載。

#ref(): File not found: "Ubuntu_X-Window.png" at page "X-Window"

Ubuntuのイメージ

クライアント・サーバ

「X-Window」では、入力、出力(画面)等の操作を行う端末を「Xサーバ」
内部的な計算等の処理を行うサーバを「Xクライアント」と呼ぶ。

一般的なWebで云う、「クライアント・サーバ」は、
クライアント:ブラウザ(端末)、サーバ:Webサーバ(Apache等)とは
逆の言い方になるので紛らわしいので要注意。
  • Xサーバ UNIXLinuxBSDMacOS Xなどである必要はなく、
    Windowsのアプリケーション(Xmingなど)でも可。
    キーボード、マウス、画面(ディスプレイ、ビデオカード)、通信(LAN)などを使用。
  • Xクライアント UNIXLinuxBSDMacOS Xであることが多い。
    極端な話、キーボード、マウス、画面等無くても動作可能。

リンク

参考ページ

設定

日本語入力 (XIM)

マニュアル

ウィンド・マネージャ (WM)

Xコマンド

  • xcalc - カルキュレータ(電卓)
  • xclock - 時計
  • xeyes - マウスを追う X のデモ
  • xhost - X サーバのアクセス制御プログラム
  • xlsfonts - X におけるサーバのフォントリストの表示
  • xterm - xterm - X の端末エミュレータ (姉妹品:kterm)
  • xset - X ユーザ設定ユーティリティ
  • xdpyinfo - ディスプレイ情報ユーティリティ
  • xload - X 用のシステム平均負荷の表示
  • xloadimage - イメージ表示 (ImageMagick : display)
  • xlogo - X ウィンドウシステムのロゴ
  • xprop - プロパティ表示アプリケーション (ルートの表示 : xprop -root)
  • xrefresh - X のスクリーンの全体または一部をリフレッシュする
  • xrdb - X サーバリソースデータベースユーティリティ
  • xsetroot - ルートウィンドウのパラメータを設定する X のユーティリティ
  • xwud - イメージ表示プログラム
  • xwininfo - X のウィンドウ情報ユーティリティ
  • xwd - スクリーンショット(ウィンドウイメージをダンプ)を作成 (ImageMagick : import)

テクニカル・メモ(設定など)

メモ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-16 (月) 00:14:54 (3140d)