FrontPage > C/C++ > printf

printf、fprintf、sprintf、snprintf

指定した書式の形式で出力(標準出力、ファイル出力、文字列出力)する関数
C言語では、標準出力関数として「printf」を使用する事が多い。
(「puts」などより汎用的に使用することが可能。)

説明

[標準出力、ファイル、文字列]へ書き出す関数。

printf - 標準出力へ書き出す
fprintf - ファイルへ書き出す
sprintf - 文字列として書き出す
snprintf - 指定された文字数までの文字列として書き出す

インクルード

include <stdio.h>

書式

int printf(const char *format, ...);
int fprintf(FILE *stream, const char *format, ...);
int sprintf(char *str, const char *format, ...);
int snprintf(char *str, size_t size, const char *format, ...);

サンプル

#include	<stdio.h>

int	main(int argc, char **argv){

	printf 	( 書式 );

       return 0;
}
  • 書式
    書式:
    "format", ...
    
    "%s" 文字列
    "%c" 文字
    "%d" 数字
    "%x" 16進数(小文字)
    "%X" 16進数(大文字)
    "%p" ポインタ表示
    "\n" 改行
    "\t" タブ など
    "\"" 「"」の表示
    "%%" 「%」の表示
  • [文字列(%s)] 10文字の右寄せ表示
    printf ("[%10s]", "ABCD");
    → [      ABCD]
    printf ("[%+10s]", "1234");
    → [      1234]
    printf ("[%10s]\n", "1234567890123");
    → [1234567890123]
  • [文字列(%s)] 10文字の右寄せ表示(はみだしカット)
    printf ("[%10.10s]\n", "1234567890ABCDEFG");
    → [1234567890]
  • [文字列(%s)] 10文字の左寄せ表示
    printf ("[%-10s]", "5678");
    → [5678      ]
    printf ("[%-10s]\n", "1234567890123");
    → [1234567890123]
  • [文字列(%s)] 10文字の左寄せ表示(はみだしカット)
    printf ("[%-10.10s]\n", "1234567890ABCDEFG");
    → [1234567890]
  • [数値(%d)] 右寄せ
    printf ("[%10d]\n", 123);
    → [       123]
  • [数値(%d)] 左寄せ
    printf ("[%-10d]\n", 123);
    → [123       ]
  • [浮動小数点(%f)] 右寄せ
    printf ("[%10.2f]\n", 123.456);
    → [    123.46]
  • [浮動小数点(%f)] 左寄せ
    printf ("[%-10.2f]\n", 123.456);
    → [123.46    ]
  • [数値(%ld)] long
    printf ("[%ld]\n", 2147483647L);
    → [2147483647]
  • [浮動小数点(%ld)] double
    printf ("[%lf]\n", 2147483647.1);
    → [2147483647.100000]
  • 文字数をプログラムにて指定する場合
    int iA = 10; /* 全表示文字数 */
    int iB = 5;  /* 表示文字数 */
    printf ("[%*.*s]\n", iA, iB, "ABCDEF12345");
    → [     ABCDE]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-10 (火) 00:58:11