FrontPage > Apple > Swift

Swift

http://www.apple.com/jp/swift/

最新バージョンSwift 2.2

他の言語との違い

  • C、Java等の言語の様に最後に「;」は不要
    var test: Int = 100
    test++
    print( "test:\(test)" )  
  • 変数に「nil(空:他言語のnull)」は入れられない。
    →「String?」など型の最後「?」に「String?」を付与すると入れられる様になる。
    →nilの使用有無を明示的に宣言出来る。
    var str:String? = nil

定数・変数

  • let - 定数
    let max_cnt:Int = 100
  • var - 変数
    var cnt:Int = 100

変数型

真偽値

  • Bool - true/false
    var flg:Bool = false

符号付き整数

  • Int - 32ビット環境は「Int32」、64ビット環境は「Int64」
  • Int8 - 8ビット整数
  • Int16 - 16ビット整数
  • Int32 - 32ビット整数
  • Int64 - 64ビット整数
    var i: Int = -1

符号無し整数

  • UInt - 32ビット環境は「UInt32」、64ビット環境は「UInt64」
  • UInt8 - 8ビット整数
  • UInt16 - 16ビット整数
  • UInt32 - 32ビット整数
  • UInt64 - 64ビット整数
    var ui: UInt = 1

浮動小数点

  • Float - 単精度
    var f: Float = 1.05
  • Double - 倍精度
    var d: Double = 1.05

文字列

  • String
    var t: String = "abc"

配列

  • [型] - 一般的な言語のArray型
    var arr1: [Int]   // 配列の宣言
    var arr2: [Int]() // 配列の宣言+初期化
    let list: [Int] = [1,2,3,4,5] // 配列の定数

ディクショナリー(辞書)

  • [型1:型2] - 一般的な言語のHashtable型
    var hash1: [String:String]   // ディクショナリーの宣言
    var hash2: [String:String]() // ディクショナリーの宣言+初期化
    let data: [String:String] = ["item1":"data1","item2":"data2"] // ディクショナリーの定数

型変換

  • 数字→文字列化
    var n:Int = 100
    var t:String = "\(n)"

    var n:Int = 100
    var t:String = String(n)
  • 文字列→数字化
    var t:String = "100"
    var n:Int = t.toInt()

デバッグ

  • print
    var i:Int = 10
    var f:Float = 1.2
    print ("デバッグ\(i),\(f)")

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-11 (水) 19:19:12 (498d)