FrontPage > OTHER > 古いソフトの購入方法

古いソフトの購入方法

「Microsoft Windows XP」の購入方法

残念ながら、Vistaが出て1年後に生産中止したので、
ソフトウェアパッケージは殆ど売っていない。
一部のお店が、保持しているのを販売している程度。

  • OEM/DSP版
    同時購入したハードと一緒に使用する事をや諸々の条件(ハード変更不可)などがあるが、
    今でも安価に入手する事が出来る。
  • MSDN サブスクリプション
    試験環境の構築等で、XPのライセンスが必要な場合。
    価格は、6万〜50万円。
    高額な物だとMicrosoft製品(Office等)を試すことが可能(最大10台までインストール可能)
  • TechNet Plus サブスクリプション
    情報システムの評価、導入、運用、管理を支援する
    IT プロフェッショナルのための年間購読サービスなので、
    実運用等は不可なライセンス。(旧Office等も検証可)
    価格は、¥39,000円〜
  • ライセンス購入+ダウングレード
  • ハード(メーカー)購入+ダウングレード

「Microsoft Office 2003」購入方法

残念ながら、ソフトウェアパッケージは殆ど売っていない。
一部のお店が、保持しているのを販売している程度。
個人購入の場合は、諦めて「Office 2007」を使いましょう。

使いにくいというだけなら、
「Office 2007」の見た目(リボン)を旧形式にする方法や、
保存形式を、「xls」にする方法(設定変更で可)で対応可能。

見た目を2003に近づかせる(リボン変更)

ライセンス購入

ライセンス購入の場合は、Microsoftの様に「ダウングレード権利」がある物もあるので、
「ダウングレード権利」を使用して購入。

メモ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-06 (月) 11:28:03