[[FrontPage]] > [[DataBase]] > [[PostgreSQL]] > PostgreSQL外部接続方法

-Version 7.x
 外部接続を可能にするための設定(Vine Linux 2.6 & 2.93)
 
 /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
 -----
 # どなたでもどうぞ状態の設定
 host    all         all         0.0.0.0         0.0.0.0       trust
 # ローカルのみの設定
 host    all         all         192.168.1.0     255.255.255.0 trust
 -----
 ※クライアントの接続設定。
 
 /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
 -----
 tcpip_socket = true
 port = 5432
 -----
 ※tcpip_spcketのOFFからONへ変更。ポートの指定。 
 
 上記実行後、サービスのリブート。
 # /etc/init.d/postgresql restart
~

-Version 8.x
 pg_hba.conf
 -----
 # どなたでもどうぞ状態の設定
 host    all         all         0.0.0.0         0.0.0.0       trust
 # ローカルのみの設定
 host    all         all         192.168.1.0/24                trust
 -----
 ※クライアント接続情報 「/24」は、「 255.255.255.0」と同じ。
 ※ デフォルトのパスは、「/usr/local/pgsql/data/pg_hba.conf」
 ※Ubuntu + PostgreSQL 8.3では「/etc/postgresql/8.3/main/pg_hba.conf」でした。
 
 postgresql.conf
 -----
 listen_addresses = '*'
 port = 5432
 -----
 ※listenアドレスの指定、「port=5432」はデフォルト。
 ※デフォルトのパスは、「/usr/local/pgsql/data/postgresql.conf」
 ※Ubuntu + PostgreSQL 8.3では「/etc/postgresql/8.3/main/postgresql.conf」
 
 PostgreSQLサーバの再起動
 $ /usr/local/pgsql/bin/pg_ctl restart
    or
 # /etc/init.d/postgresql restart
 # /etc/init.d/postgresql-8.3 restart 他
~

-Version 9.x
 pg_hba.conf
 -----
 # IPv6全許可の設定
 host    all            all             ::1/128                   trust
 # IPv4全許可の設定
 host    all            all             0.0.0.0/0                 trust
 -----
 ※クライアント接続情報 「/24」は、「 255.255.255.0」と同じ。
 
 postgresql.conf
 -----
 listen_addresses = '*'
 port = 5432
 -----
 ※listenアドレスの指定、「port=5432」はデフォルト。
 ※IPv4のみの場合は、「listen_addresses=0.0.0.0」を指定。

* iptable対応 [#b14f699c]
 <TCPのポート5432を解放>
 # iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport 5432 -j ACCEPT
 <「/etc/sysconfig/iptables」に保存>
 # service iptables save
又は、
 <アプリにて「TCP:5432」を追加>
 # system-config-securitylevel

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS