[[FrontPage]] > [[Apple]] > Objective-C

* Objective-C [#b0817dc1]
[[C言語>C/C++]]にオブジェクト指向(Smalltalk型)の機能を持たせた上位互換の言語~

「[[MacOS X>MacOSX]]」の開発言語の1つで、Apple社推奨の言語。~
「[[MacOS X>MacOSX]]」の他には「iPhone」、「iPod Touch」などのアプリケーション開発でも使用出来る。~
~
「GCC」コンパイラにも「Objective-C」のパッケージが存在し、~
Mac以外でもアプリケーション開発に使用する事は可能。~

* ファイル拡張子 [#z7fbbe6f]
|.h|>|Objective-C ヘッダファイル|
|.m|>|Objective-C ヘッダファイル|
|.mm|Objective-C ソースファイル|C++コード記述可|

* ヘッダ・インクルード [#x570f3b1]
-「#include」~
標準インクルード方法
-「#import」~
重複インクルード抑止機能付きのインクルード方法

* クラス [#v63fdd42]
「インターフェース・クラス」、「実装クラス」の両方が必要。
- インターフェース・クラス [@interface 〜 @end] (*.h ファイル)~
「メンバ変数名」、「メソッド名」のプロトタイプ宣言
 @interface [クラス名] : [親クラス]
 {
     // [メンバ変数宣言エリア]
 }
 
 // [メソッド宣言]
 @end

-実装クラス [@implementation 〜 @end] (*.m *.mm ファイル)~
「インターフェース・クラス」で宣言した「メソッド」の実装。
 @implementation [クラス名]
 
 // [メソッド宣言]
 @end

* メソッド [#fcdf5c79]
|+|クラス・メソッド|
|-|インスタンス・メソッド|

* 補助機能 [#c5b9a0cc]
** ファンクション・メニュー(Function Menu) [#jabfaf58]
|#ref("FunctionMenu.png",nolink)|

- define~
 #define TEST_MSG @"test"
「#define」で記載した項目は、コンパイル時に置き換えられる。~

- セパレータ~
ファンクション・メニューに「セパレータ」を表示~
 #pragma mark -

- メッセージ表示~
ファンクション・メニューに「[text]」(指定文字列)を表示~
 #pragma mark [text]

- 補足コメント~
ファンクション・メニューに「[text]」(指定文字列)を表示~
開発途中のメモとして記述する。(「// TODO:...」は多言語でも使用可)~
 // MARK: [text]
 // TODO: [text]
 // FIXME: [text]
 // !!!: [text]
 // ???: [text]

* メモ [#oc6b1b3e]
-[[Objective-Cは特殊な言語?:http://www.atmarkit.co.jp/fcoding/articles/objc/objc01/objc01a.html]]~
-[[Objective-C 2.0プログラミング言語:http://developer.apple.com/jp/documentation/Cocoa/Conceptual/ObjectiveC/]]~
~
-[[[プログラミング]プログラマーは、ソースコードにTODOを書こう。:http://d.hatena.ne.jp/shunsuk/20100612/1276345829]]~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS